「とりまお茶でもどうぞ」

日頃思ったこととか

死にとうない死にとうない


´ω`)ノ ども。週刊お茶どうのちゃお♪ですおはこんばんちは。

 

 

みんな長生きしたいですか?

 

 

ぼくはそれほどでもないです。

 

 

まぁ、明日までの命って言われたら嘆きますが。なぜかというと、子どもたち成人しとらんし、奥さまも途方に暮れるだろうからね。

 

 

ですが、本当に明日までの命だってわかったら、それはそれで受け入れるんじゃないかな。

 

 

そんな気がする。

 

 

んじゃ長生きしたくないかと言われたら、うーん、そうかもw

 

 

でも長生きしそうな予感がするので、もしそう(長生きしてしまう)でも諦めて、死ぬまでは生きます。

 

 

さて、なんでこんな事書いたかというと、

 

 

この記事読んでさ

world-fusigi.net

 

 

すっげーなぁ!って思いました。

 

 

本当に人生楽しいんだと思う。辛くても。

 

 

これ見て思い出したのが、やはり一休さん

 

 

一休さんも、死の間際、

「死にとうない。死にとうない」

言ったらしいので。

 

 


「我が生涯に一片の悔い無し」

 

 


と死ぬのがいいのか、

 


「まだ死にたくない」

 


と死ぬのがいいのか。

 


その両方の、

「まだ死にたくないが、悔いはない」

と死ぬのがいいのか。

 


って思うけれど、なんかどうでもいいねw

 

 

死に方ってどうでもいい。もがいても、悪あがきしても、受け入れても、悲惨な死に方でも、安らかでも、逆恨みで演説中に撃たれても。

 

 

人の学びのタネにする人はいるだろうな。自身の死を。

 


それは別にどうでもいい。残された人だったり、あるいはそれを知った人がどのように感じ、何かを学ぶかってタネになるだけで、生前善い行いをしたから安らかに死ぬとか、生前悪いことをしたから悲惨な死に方するとか、そういうのもぼくはわりとどうでもいいし、

 

 

実際は、死に方って関係ないですゾ。

 

 

何かの役に立つなら、良い人が悲惨な死に方することって全然ありますからね。

 

 

そして、人は死ぬべき時に死ぬということです。

 

 

名もなき人も、安倍元総理大臣も、すべからく死は平等に訪れますので。

 

 

しかしやなせたかしさん、すっげーなぁ。

でも「死にたくない」って気持ちで悩むのは、ちょっとかわいそう。

それも学びなんでしょうけど。

 

 

面白いところへ来たのに俺は

なんで死ななくちゃいけないんだよ」

 

 

それは同感w

 

 

面白いゲームだよね。ウンザリすることもあるけど。

 

 

ってか、面白いところに「来た」って自覚はお有りだったんですね。

多分一休さんもね。

 

 

んじゃ( *`- ω -´)ノシ

 

 

ちゃお♪

 

 

 

 

 

 

さて、国葬に賛成反対どうでもいい いろいろ意見あれども、

(ぼくはオリンピック立候補・開催 に対するスタンスと一緒で、決まる前は反対だったけど、やるとなったら粛々とやってくれ という意見です)

国葬デモに音が鳴るもの持ってきて、黙とう中に音を鳴らそう」

とかあたまおかしい。ぼくは葬式とか大っ嫌いだけれど、だからといってそれを妨害行為するのとかは大嫌いを通り越してものすごく嫌な気分になる。いや、日本以外では花火上げたり、大騒ぎしたりする文化もありますが、それはそれであの世に行ったという祝福からくるものですから。日本は静かに故人を悼み、送り出す という文化だったと思うんです。

むしろ、(自分にとって)悪を成した人であっても、死んだら仏というのが日本人的感覚だったと思うんですが、今は違うんでしょうかね。

(自分にとって)悪を成した人だから、葬式妨害活動を公にしていい という活動家?的な理論にがっかり。

 

 

あなたはこれっぽっちも大変じゃない

 

´ω`)ノ まいどっ。週刊お茶どうのちゃおですおはこんばんちは。

 


最近会社でコロナとか原材料高騰とか不良率増加とかいろいろ大変で・・・

 


( ̄o ̄) 大変だー大変だー

 

 

言ってたら奥さまが一言

 

 

 

 

 

川* ̄ー ̄) 会社は大変かもしれないけどあなたはこれっぽっちも大変じゃないよ

 

 

 

 

 

 

( ゚д゚)   ・  ・  ・  

 

 

 

 

 

守護さんか?

 

 

 

 

今守護さん乗り移ってたよな?

 

 

 


やー目からウロコでした。

 


んじゃ( *`- ω -´)ノシ

 


ちゃお♪

 

同じものであり、異なるものでもある

 

´ω`)ノ ども週刊お茶どうのちゃお♪ですおはこんばんちは。

 

 

今日午前中、ウトウトしててね、そんな時にふと面白いイメージがふと入ってきてね、

 

 

壮大な風景とそのドット

 


何をいまさらとも思ったけど、映像がキレイだったな。映画とかゲームみたいな

 


んで、その映像が、点々一粒一粒が光の粒子で出来ててね。

 

 

その集合体で映像ができてて。

 


ってこれ、前も言ったけど、テレビと同じだよな。

 

 

テレビの画像、一つ一つはRGB(赤緑青)のドットというかピクセルで出来てるじゃないですか。

 

 

その一つ一つのピクセルは自分が映像のどの部分かも、どの役割かもわからないですが、大きな一つの映像を構成するものですよね。

 

 

まぁ、そういうことです(どういうことだw)

 

 

えーと、我々は一つの同じものということです。

 

 

そして同じものですけど、こうして分離したように感じて、自我を持って生きているということです。

 

 

映像を構成するピクセルがそうであるように。

 


一つの同じものっていうのは、神様も私と同じとかじゃなくて、そのへんの石ころとか、床とか、玄関の靴とかそれも全部同じってことですよ。

 

 

全部です全部。

 

 

なんなら幽霊も異次元も含めて全部。

 

 

だって全部繋がってるんだもの。我々は分子で出来てるけれども、分子は原子でできてて、原子は電子とか陽子とかで出来てて、それらは素粒子で出来てて、それは全部エネルギーで出来てるのですな。

 

 

まぁ波動ってのが一番現実的な表現でしょうな。

 

 

で、で波動というか、エネルギーは同じものなんです。

 

 

一つの意識。いや一つって言うと誤解が生まれるなぁ。

 

 

意識ですな分離できない意識2ではない意識。

 

 

それは神と言ってもいいですが、神に私達も、なんなら玄関のスリッパも含まれてます。

 


まぁいいか。

 

 

 

現実的な表現は置いておいて、

 

 


その風景画がキレイだったので、こんな記事を今書いてるわけですw

 


でもその風景がないので、とりあえず某XPの壁紙で説明すると、

 

 

 

こんな映像があるとして、

 

 

その一部をごくごく拡大すると

こんな領域があるわけですな

 

 

でそれもごくごく拡大して、一つのピクセル分にすると↓

 

 

 

 

こんな領域。

 

 

で、この黄緑くんは、自分はその上の大きい領域の一部なんて知る由もないわけですな。

 

 

ましてや大きい映像の一部なんて、わからんわけですな。

 

 

全部繋がってることも、信じられませんよ。

 

 

でも全部同じものなんです。我々は。

 

 

ま、そんなこと知らなくても、支障ないけれどね。

 

 

分離を大いに味わいつくして、死ぬのがこの領域の醍醐味だわな。

 

 

しかしきれいなイメージだったなぁ

 

 

んじゃ( *`- ω -´)ノシ

 

 

ちゃお♪

鉄人、現る

´ω`)ノ ども。週刊お茶どうのちゃお♪ですおはこんばんちは。

 

 

いやぁ、ウチのバァバがコロナにかかりましてねぇ。

あとスピ友もコロナかかったって。

 

 

しかも、ウチのバァバ、ワクチン受けない人なんですよっっ!(苦笑)

 

 

ある日、最初、うちのバァバからラインきましてね、

 

 

『私のメールアドレスって何?』

 

 

って(笑)

 

 

自分のメルアド知りたいんだろうなぁと思って返したら、

 

 

『今日休み?』

 

 

ってきまして、返事したらすぐライン電話きました。

 

 

がらがら声でw

 

 

それでわかったんですが、もう発症してから3日経った後で、熱も引いたくらいの状態でね

 

「保健所からメールアドレス教えてって言われてぇ」

 

って。

 

( ゚Д゚)ハァ?

 

コロナかかったぁぁぁぁぁ!

 


聞いてね~し

 

 

あなたは一人暮しでしょうが!

 


まぁいいか。大丈夫そうだし。

 

 

ヾ(`д´;) しかも保健所さん…一人暮らしの老人にメルアド教えろって、、、

そりゃ無理ですがな

(保健所の方々、コロナ禍始まってからずっと大変だろうと思いますお疲れ様です)

 


┐(´д`)┌ よく死ななかったねぇ。あなた死んじゃってもおかしくないとしでしょ?
知り合いの親父さん、コロナで死んじゃったってよ。

 

 

いやね、バァバもキツいはキツいらしいですが、

 

 


バァバ『いまコロナウィルスも、弱くなってきてるらしいからぁ』

 

 


だそうです。それはわかってるけどまぁ、あんたやっぱ鉄人だよ。

 


ウチの家族に話したら、みんなビックリして、ウチの奥さま、

 

 

(`д´; 川  わたし、バァバのうちに行ってくる!

言い出すし。

 

 

( ̄o ̄) でも大丈夫らしいよ。まぁコロナだから様態が急変して死ぬかもしれんけど、そうなったらそれはそれでさだめじゃ。

 

 

って言ったら、みんな何故か納得して、

 


長男くん(^^)確かにバァバなら大丈夫かも、ぼくより運動してるし、ワンチャンぼくより体力あるかも。コロナでも食欲あって後遺症なしって言われても納得してしまう。

 

 

川* ̄ー ̄) そうだねぇ。私より体力あるのは確実。

 


ということで、ウチのバァバに関しては、ワクチン全く打ってなくても「ひどい風邪」くらいで済んだようです。

 

 

ぼくが昔、インフルエンザかかった時より大丈夫そうだ。

 

 

ぼくもコロナはインフル程度の扱いでいいんじゃねーかとは思ってたけど、

コロナウィルス、これほど雑魚化してたとは。。。

 

 

いやでも知り合いの親父さんはコロナで死んじゃったらしいので、人によるのかもしれませんな。

 

 

ワクチン打ってても死ぬ人もいれば、ワクチン打ってなくてもひどい風邪で済む人もいる。

 

 

人は死ぬべきときに死ぬということですな。

 

 

ぼくはといえば、もうそろそろ4回目打ちますわい。

 


陰謀論の人からすると、去年ワクチン打った人はあと1年未満で死ぬらしいwww

 

 

長男くんが言うには、「若い人はワクチン反対とかあんま聞いたことない。なんか年取ってる人がワクチン反対してる印象だなぁ」

たしかに。

うちの職場でも若い人と再雇用くらいの年配の人は予約するの早かったもんな。

 

 

んじゃ( *`- ω -´)ノシ

 

 

ちゃお♪

 

視野が広くなるということ

 


´ω`)ノ ども。週刊お茶どうのちゃお♪です。おはこんばんちは。

 

 

さて、今日も書くことがないので、視野が広くなるということについて、などと言うことについて書こうかな。

 

 

過去に何度か書いたことあるけれど、

「こんな事勉強して将来なんの意味があるの?」

という中高生にありがちな質問について。

 

 

ぼくは大学時代、塾講師やら家庭教師して幾度となくこんな質問をされたのだけれど、そういうのって塾の先生に質問することか?と思わなくもない。

 

 

勉強が必要だから塾に来て勉強してるんでしょ? 

と、言いたいところだが、たぶん親に塾にいけと言われて、塾に行く意味がわからずイヤイヤ来ているからそんな疑問が湧くのだろうなw

 

 

ぼくは親に、塾に行きたいのでお金出してもらえませんか?と

頼んで塾に行ってたので、そういう疑問はわかなかった。

 

 

いや、それは立派な人間になりたいからとか、いい学校に入って将来偉くなりたいとか、そういうことじゃないです。

 

 

単にいい成績を取りたかったからですw

 

 

あとは友だちと同じ塾に行って一緒に勉強できるのも楽しかったからですw

 

 

勉強の意味とかそういう深い考えがあったわけじゃなく。

 

 

なので、イヤイヤ塾に行かされて、

勉強する意味とは?

こんなの意味ある?

と考えること自体は、当時のぼくより深い疑問の入り口に立っていると言ってもいいかもしれない。

 

 

ま、ただ勉強がめんどくさいので、勉強しない言い訳を探していただけということも、大いにあるけれども。

 

 

ここで、「ぼくは将来役に立つかもしれんよ」「将来役立つことがいっぱいあるよ」などと、ありきたりの答えを言うわけだが、

 

 

そんな「役に立つかもしれない」という可能性の話で、こんな嫌な勉強をイヤイヤしなくちゃならない当時の生徒諸君はたまったもんじゃないかもしれません。

 

 

「まー役に立つかどうかは人それぞれ。役立たせようと思えばいくらでも役立たせることができる。その基礎を学んでるに過ぎない」

 

 

などとは言えんよねw

 

 

で、年を取れば取るほど、勉強の意味というものがわかってくるなぁと、最近思います。

 

 

なぜなら視野が広くなってくるので。

 

 

勉強することでも視野が広くなるし、経験を積むことでも視野が広くなる。

 

 

スピ体験でも視野がものすごく広くなるよね? そんなのと似ています。

 

 

中学生では、日常でも半径10メートル位の世界しかわからなかった、頑張っても半径20キロくらいの世界だったのが、

高校では、日常半径100-1000メートル、頑張って半径50キロくらいの世界になって、時間的にも1-2年先が見通せるようになってくる。

社会人になると、日常半径20キロ、頑張って半径300キロくらい?時間的にも頑張れば5年くらい先を考えられるようになる(人によっては)

 

 

ここまで来て初めて、「勉強する意味」というのがおぼろげにわかり始めて来るわけだ。

 


「あーこれを勉強しておけばよかった」

 


とか大人がよく言うアレであるw

 

 

でも、これも中学生諸君からは十分な答えではない。

 

 

例えば、機械工学を必要な大人が、もっと物理化学を勉強しておけばよかったと言っても、

 


「あなたにとってはそうですが、んじゃあなたは世界史とか因数分解とか古文とか漢文とか今役に立ってないよね?」

 


と言われればそういうことですw

 

 

だから、中学高校の勉強などというのは、基礎中の基礎なんですな。

 

 

とりあえず、イロハのイ、あるいはロくらいまでの話。

 

 

それだって、例えば因数分解とか古文なんてわりと人生を豊かにするのに役立つんだけどね。

 

 

でも中学生じゃ、それはわからんよね。

 

 

大人だって、無意識にそういう知識を使ってるわけで、あまり意識はしないものだから。

 

 

で、

 

 

年を取ってくると、勉強する意味というのはだんだんわかってくるんですよ。

 

 

世界を捉えるいろんな見方ができるようになるわけです。

 

 

選択肢も増えるわけですな。

 

 

未来をある程度予測できるようにもなるわけです。スピ的な意味じゃなく、思考という意味で。

 

 

中学ではせいぜい1週間先くらいまでの見通しが、5年先、10年先とかね、そのくらい先まで何となく見通せるわけですな。

 

 

 

さて、スピでの「今しかない」「過去も未来もない、今ここが大事」という話。

 

 

 

それはそうです。

 

 

でも、この時間軸の世界に我々はこうしているのでね。過去に学び、未来を見通して、想像していくのもまぁ、これは一つの

 

「まっとうな現世の楽しみの一つ」

 

でもあるわけだ。

 

 

貯金がなくとも、健康保険に入ってなくても、年金払わなくても、必要なものは入ってくる!ってのは、それはそれでドウゾご自由に なんですが、

 

 

わりと迷惑な人だよね、そういうの。自分の中で完結して、人に迷惑かけないならいいけどさ。

 

 

そうではなくて、このゲームを楽しむなら、過去から学んだり、未来を見通したり、その過去のデータをもう一度疑ってみたり、その自分の予測も完全なものじゃないと改めて認識したリ、

 

 

そういう一切合財を含めて、現世は祝福なのですな。

 

 

で、「勉強する意味」ですが、中学高校、あるいは大学でお勉強することで、手数(てかず)が増えて、人生楽しくなるデータをたくさん吸収できる時期なわけです。

勉強自体の体験もね。

 

 

幼稚園児みたいに、しか見えないで将来も生きるよりかは、

 


大人のように、ある程度先まで予測できる(そしてその予測も完全ではないことを自分でわかっている)

 


ほうが、現世を楽しみやすいだろうと、ぼくは思うわけですな。

 

 

今が大事!と言って、Tシャツに水筒と菓子パンで富士山登山に行くバカがいますが、迷惑だよねそういうの。富士登山するならある程度勉強しろって。

まともな大人はそういうことしません。(幼稚園児なら許されます)

 

 

逆に幼稚園児は今しか見えないので、用水路に落ちないか、お風呂で溺れないか大人が見てあげないといけません。

 

更にいうなら、

 


過去も未来も、この世の物理的法則も、人文学的ないろいろなロマンを楽しめる知識もわかりつつ、それでいて今を楽しむ

 


というのが最高にオツな楽しみ方かもしれませんゾ。

 

 

とまぁ、色々書いたけど、そんなの人それぞれだし、イヤイヤ勉強するくらいなら、嫌なものはソコソコにとどめておいて(赤点取るか取らないかにしておいてw

 

 

興味湧いたものをどんどん勉強すべし! とぼくは思う。

 

 

人によっては「ダイオードの機序」であるかもしれないし、
人によっては「清少納言の当時の政治的背景と言葉遣い」かもしれない

 

 

なんだっていいんです。もし興味が湧いたなら。

 

 

で、勉強なんて、全部興味なし、なんて人は、全部ソコソコで勉強して、興味が湧いたものが出てきたらそれを勉強すれば良し。

 

 

30になっても40になっても50になっても遅くないですぞ、ウチの死んだじいちゃんは70 80まで勉強してましたから。

 

 

歳を理由に勉強しない人は、若いときもあれこれ理由づけして勉強しなかった人なので、来世でも勉強しない人だと思うので、そういう人は経験で自分の好きなことを体験したらいいんじゃないかな?

 

 

「アイツ、何度も同じ失敗するんだよな・・・」

 

 

と他人からは思われるかもしれませんが、まぁ、クビにならない程度なら必要とされているのでそれも良しということで。

 


さて、スピにハマると、経験なしに、10キロ先のことが鋭敏に感じられたり、将来が感じられたりする人もいるんだけど、

 


それはそれで、この制約の厳しいゲームでそれを体験する というチートな楽しみが体験できるという点で、それもアリですな。

 


んじゃ( *`- ω -´)ノシ

 

 

ちゃお♪

 

脳を受信装置として使ってみる


´ω`)ノ ども。週刊お茶どうのちゃお♪ですおはこんばんちは。

 

 

さて、こんなまとめを見つけました。

 

togetter.comhttps://togetter.com/li/1926743

 

 

前職で、どうやっても設計解がないと思われた製品にエースエンジニアが投入され、翌日にあっさり大枠をまとめて来たことがあった。

「え、何やったんすか?」って聞いたら「めちゃくちゃ散歩したんだよ」って言われて言葉を失った。生産性とは余白なのだわ。

 

 


うんうん。わかる。

 

 

もう何が言いたいかわかりますね。

 

 

我々の脳みそは、めいいっぱい思考するだけでは効率的ではないということ。

 

 

思考方法で効率的な解答を導きやすく訓練することは可能です。

 

 

でも、それだけでは非常に効率的かというと、そうではないです。

 

 

ぼくの言いたいことはもうお察しのはずw

 

 

脳のもう一つの使い方。

 

 

受信機としての使い方です。

 


脳は、思考装置として、ずいぶん人類の助けとなってきましたが、現代では忘れ去られている使用方法です。

 

 

それが受信装置。

 

 

これはね、ただただ考えるばかりでなく、かと言ってただただ受信するばかりではないところに、その使用秘訣があるんですな。

 


お題があったとして、それをすごーーーく考えてみる。

 

 

ぼくはわりと得意ですが、効率よく考えてみます。

 

 

効率良く考えるというのは、物事を色んな要素に分解して、それぞれにベターな解答を導いたりして、それを最後に総合的に判断するんですな。

 

 

まぁこれはぼくの方法なので、他にも解答を見つけるコツってあると思います。

 

 

数学も、答えを導くのに色んな方法があるのと似てます。

 


でも、それだけでは限界があるんですな。

 


そんなときこそ、思考を空っぽにして、脳を受信機として使うんです。

 

 

とは言っても、それまでの思考したお題の「これどうすっぺなーーーー」っていう命題はメモリに記憶されているので、

 


あとはそれに対する天からのアドバイスを受け取れる状態にするのですな。

 


これ、すごーーーくいいよ。

 

 

要するに、瞑想状態みたいな感じにしておけば、脳は受信モードに入りますので、ぼくは瞑想毎日やってます。

 

 

脳のメモリクリーナーみたいな感じ?

 

 

上の記事のように、「ひたすら散歩しまくる」っていうのは、それはそれで空(くう)の状態に近いんだと思う。

 

 

まぁ脳を受信装置として使いこなせるようになると、人生すごくラクになるんで、みなさんも試してみてください。

 

 

つい先日も、役職会議で、ある問題があって、みんなで「あーでもねーこーでもねー」って議論してたときに、

 

 

ぼくがポッとひらめいた方法

 

 

「これ、オペレーション変えたり、人に負担かけるような運用方法を考え直すんじゃなくて、単に設備の向きを90度変えたら万事解決じゃないですかね?」

 

 

って提案したら、、、

 

 

 

みんな (・o・;)(・o・;)(・o・;)(・o・;)

 

 

 

ォォオオー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ オオォォー!!

 

 


ちゃお♪さんナイスアイディア! それ採用!

 

 

ってことで解決しました。

 

 

コロンブスの卵的な。

 

 

そんな感じで ポーっと脳を受信モードに時々しておくと、そういう習慣があると、人生ラクになったりするのでおすすめです。

 

 

脳に使われるんじゃなくて、脳を使えってことです。

 

 

主人は魂、脳は便利な道具。

 

 

コツはリラックスですな。

 

 

んじゃ( *`- ω -´)ノシ

 

 

ちゃお♪

極端に遷移していくのか

´ω`)ノ ども。週刊お茶どうのちゃお♪ですおはこんばんちは。

 

 

日常、守護さんにはいろいろ助けられております。

 

 

これはこうしとけよ とか、 

うん。ここまでしておけばよかろう とか、

これはこうしておくから、こちらに今は注力しておけ とか、

とかね。

 

 

んで、守護さんの目的ってさ、仕事なり生活を助けることじゃなくって、結局はぼくらの成長の手助けと、ぼくらが人生を楽しむための方向性を指し示す感じ?なんだなぁと、時々思う次第です。

 

 

うん、これ読んでる人にとっては、なんのこっちゃ(?_?)ですねわかりますw

 

 

読者を置き去りにして、傲慢に話を進めると、

こういうのって、たぶん、みなさんも無意識的にやっとったりするんだろうなぁと。

 

 

ますます訳のわからぬ文章ですなw

 

 

さて、

 

 

若干涼しくなったっぽいですね、水害が発生している地域にお住まいの方、お見舞い申し上げます。

 

 

地球環境の変動というのは、こういう形で顕在化するんでしょうな。

 

 

平均気温が何度か上がるから、日常の温度が何度かあがるというよりかは、

 

 

一部では洪水、一部では日照りや猛暑みたいな。何事も極端になっていくという印象を受けております。

 

 

まぁ、といっても、ぼくらはこの世界でなんとかして生きて行くしかあるまい 

と思うので、なんとか自分なりに生きましょう。

 

 

自然環境もそうですが、人の思考も、魂の基盤がしっかりしていない人ほど、極端な正義とか、他人の批判に走ってるなーとか思わなくもないです。

 

 

理想の国って? そりゃ理想の民ありきですよ。

(もし理想郷なるものがあるのなら、国家なる枠組みもいらんのだけれど)

 

 

そうですよね?

 

 

正義を振りかざして罵り合いしている人が目立っているなら、そういうのはまだちょっと遠いような気がする。

 

 

でも、混沌と汚濁の中で学ぶことは多いですな。

 

 

ぼくはそう思います。

 

 

まぁ、自分が幸せな状態なら、幸せに条件なんて要らんのだけれど、こういう話は非常に単純明快すぎて、色々考えちゃう人には逆に難しい話かもしれない。


 
今日はこれにてばいちゃ( *`- ω -´)ノシ

 

 

ちゃお♪